Office365の使い方

三重大学Office365とは?

「Office365」は、Microsoft社が提供するアプリケーション系クラウドサービスです。三重大学統一アカウントでサインインし、無償でWordやExcel、PowerPointなどをダウンロードしたり、オンラインストレージサービスを利用したりできます。

クラウドサービスって何?という方、クラウドを使う時に注意することは?等はこちらのページをご覧ください。

PCにインストールして使う

ステップ1.Office365にサインインする

1-1.三重大学office365ポータルにアクセスする

こちらからアクセスできます。

または「三重大学 総合情報処理センター」の「全学サービス>三重大学Office365」からアクセスできます。

1-2.三重大学Office365にサインインする

統一アカウントでサインインします。

サインインIDは「学籍番号@o.mie-u.ac.jp」、パスワードは「統一アカウントのパスワード」です。

Gmail、G suiteと異なり、「@の後が【o】」であることに注意しましょう。(Gmailの【m】、Officeの【o】と覚えておくとよいでしょう。)

ステップ2.インストール

2-1.Officeのインストール

三重大学Office365にサインインしたら、右上の「Officeのインストール」>「Office365アプリ」と選択します。インストーラの保存先を選択し、画面の指示に従いましょう。

※Officeが既にインストールされているPCを使っている場合は、ここでインストールをせず既存のOfficeを使うことができます。

ステップ3.サインイン

3-1.officeアプリケーションの起動

Word、Excel、PowerPoint等のいずれかのOfficeアプリケーションを起動します。

プロダクトキーの入力を求められたら、「別のアクティブなアカウントを使ってサインイン」を選択してください。統一アカウントでライセンス認証できます。

3-2.サインイン

右上の「サインイン」をクリックし、統一アカウントでサインインします。三重大学Office365へのサインインで用いたものと同じです。

個人で作成したアカウントをお持ちの場合はすでにサインインしている場合があります。その場合「サインイン」の部分が「<アカウント名>」になっています。「<アカウント名>」をクリックし、「アカウントの切り替え」>「アカウントの追加」を選択すると、画面に従って統一アカウントでサインインできます。今後同様にして、個人アカウントと学籍アカウントを切り替えることができます。

次に認証できたか確認しましょう。

Windowsの場合は、左上の「ファイル」タブ >「アカウント」で確認できます。

Macの場合は、左上の「バージョン情報」から確認できます。

「ライセンス認証が必要です」となっていた場合は、クリックしてライセンス認証を行ってください。正しくライセンス認証し、サインインできると、サインインしているアカウントの名前が表示されます。これでサインインは完了です。

ステップ4.保存する

OneDriveに保存する方法はこちらに詳しく説明されているので参考にしてください。OneDriveに保存すると、変更を加えた際に自動で保存されるため、とても便利です。保存し忘れによるデータ紛失防止に役立ちます。

保存先にご自身のPC内のフォルダーを選択すれば、クラウドではなく自分のPCに保存することもできます。

スマートフォンで使う

ステップ1.サインイン

1-1.アプリをダウンロードする

iPhoneの方はApp Storeで、Androidの方はGoogle Playで「office」と検索すると、WordやExcel、PowerPoint等のアプリが表示されるので、必要なものをダウンロードしましょう。

1-2.サインイン

ダウンロードしたofficeアプリを開くと、サインインを求められるので、統一アカウントでサインインしましょう。

サインインIDは「学籍番号@o.mie-u.ac.jp」、パスワードは「統一アカウントのパスワード」です。

Gmail、G suiteと異なり、「@の後が【o】」であることに注意しましょう。(Gmailの【m】、Officeの【o】と覚えておくとよいでしょう。)

複数アプリをダウンロードした場合、いずれかのofficeアプリにサインインするとアカウントは連動されます。

ステップ2.クラウドに保存する

2-1.資料を作成する

左下の「新規」をタップし新しいファイルを作成し、アプリを使って何か書いてみましょう。

OneDriveにofficeの資料を保存している場合は、右下の「開く」>「OneDrive」から、OneDrive上のファイルを選択し編集できます。

2-2.クラウドに保存する

資料を作成したら、OneDriveに保存しましょう。右上の「…」>「保存」をタップすると、保存先の選択画面になります。「OneDrive-三重大学」を選択、OneDrive内の任意の保存先フォルダを選択して保存しましょう。また、スマートフォン内に保存することもできます。

OneDrive上に一度保存すると、以降は変更を加える度にOneDrive上に自動で保存されます。

別の場所に保存したい場合など、自動保存を止めるには、右上の「…」をタップ、次に「自動保存」のスイッチをタップします。スイッチが緑(|)から白(o)になるので、現れた「保存」ボタンをタップし保存先を選択してください。

総合情報処理センターの解説ページ

Office365 の使い方-OneDriveとOfficeからのサインイン