2-1. Print

目標

  • Print文の使い方を覚える

対象

  • Windows
  • Mac

概要

  • 様々な形式のPrint文を紹介します

Print文とは

「Print=印刷する」という意味がありますが、Pythonでは「Print=コンピュータの画面に文字を出力する」という意味になります

ここでは、文字や数値などの様々な出力例を取り上げて紹介します


プログラム例

1. 通常のPrint文

プログラム

print("Hello, world!")

出力

Hello, world!

2. 文字列の変数を表示するプリント文

プログラム

message = "This is a message"
print(message)

出力

This is a message

3. 数値の変数を表示するプリント文

プログラム

number = 100
print(number)

出力

100

4. 複数の文章を表示するプリント文

プログラム

message1 = "This is "
message2 = "a message"
print(message1 + message2)

出力

This is a message

5. 数値と文字列を混ぜて表示するプリント文

プログラム

x = 1
y = 2
print(str(x) + " + " + str(y) + " = " + str(x + y))  # 数値から文字列の変換を行い、文字列の足し算で表示
print("{0:d} + {1:d} = {2:d}".format(x, y, (x + y))) # 文字列のフォーマット形式で表示

出力

1 + 2 = 3
1 + 2 = 3

6. 改行しないプリント文

プログラム

print("改行", end="")
print("してません")

出力

改行してません

7. 改行しないプリント文で進捗表示を行う

プログラム

print("Now Loading ", end="")
for i in range(10):
    print(".", end="")
print(" Done!")

出力

Now Loading .......... Done!